商品のやり取りがないクレジットカード現金化業者のリスク

Posted by

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者なら、申し込んだその日のうちに現金を自分の銀行口座に振り込んでもらうことが可能です。

しかし、こうした業者を利用する場合、違法性がないかを確認しておくことも忘れてはなりません。

クレジットカード現金化の利用者が逮捕された例はありませんが、業者が逮捕された例はこれまでに何件かあります。

その理由は、貸金業者としての登録がないのに貸金業を営んでいるという出資法違反です。

こうした業者は即日振込が売りで、利用者がネットで申し込んでクレジット決済するだけで、すぐに現金を振り込んでくれます。

利用者にとってありがたい存在ではありますが、商品等のやり取りがないと融資を行っていると判断され、違法性を問われることもあるのです。

クレジットカード現金化業者が違法でないとされるのは、利用者がクレジットカードで購入した商品を業者に売り、業者はその買取金額として現金を支払うという仕組みになっているからです。

ですので、その商品の受け渡しがなければ、業者が利用者に直接お金を貸しているのと同じことになってしまいます。

違法性のある業者を利用しても利用者が逮捕される可能性はあまりありませんが、即日振込のクレジットカード現金化業者にはこういうリスクもあることを知っておきましょう。