カードで決済してクレジットカード現金化をしてみる

Posted by

カード決済で現金
クレジットカード現金化の基本は「ショッピング枠を使って現金化すること」です。

つまり本来ならショッピングでのみ利用できる限度額を現金にすることになります。

キャッシング枠を使い切ってしまったときの資金調達の方法として適しているわけです。

その仕組みを簡単に言えば、カード決済で何かを購入し、それを売却することで現金をゲットします。

現在クレジットカード現金化サービスを手掛けている業者の間で主流になっているキャッシュバック方式は、少々抜け道的なアプローチとなっていますが、基本的な仕組みは同じです。

つまり自分でカードを決済して買い物をすることが大前提となるわけです。

そうなるとわざわざ業者で現金化しなくても自分でできるのではないか?
と考える人もいるでしょう。

実際に手間さえ惜しまなければ自分でクレジットカード現金化を行うことも可能です。

業者に依頼するとどうしても換金率が低くなります。

当然サービスを利用する以上、業者の利益になる分が差し引かれますし、カード決済で購入した商品の送料など諸経費もかかってしまうのです。

しかし、自分で行えばそうした余計な負担を最小限に抑えることができるので、最終的な換金率が非常に高くなるのです。

ポイントはカード決済で購入できるものならどんなものでもクレジットカード現金化に利用できることです。

現在では多くの商品をカード決済で購入できますから、選択肢は無数にあると言ってよいでしょう。

例えばギフト券。金券ショップなどで高く買い取っているギフト券も多く、換金率90パーセントを超えるものも少なくありません。

これを使えば業者に依頼するよりもずっと高い換金率で現金化できます。

同じく人気が高いのが新幹線の回数券です。

こちらも金券ショップでかなり高い金額で買い取ってもらえるため、高い換金率での現金化が可能なのです。

ほかにも人気のゲームソフトやグッズ、ブランド品などもよく利用されます。

これらの中には入手困難になってプレミア価格がつくこともあり、賢く利用すれば換金率100パーセントを超えることも可能です。

このようにカード決済を利用することで自分でクレジットカード現金化をすることも可能です。

ただし注意したいのは、こうしたカード決済を繰り返していると利用履歴からカードの発行元にクレジットカード現金化の疑いをもたれてしまう可能性もあります。

最悪の場合、いきなり利用停止になってしまうこともあるので、あまりあからさまなやり方で行うのは避けましょう。

業者もうまく利用しつつショッピング枠をうまく現金化できる環境を用意したいものです。